血糖値の上昇を抑えられる

1袋あたり44キロカロリーと低カロリーなので安心です。

えん麦に豊富に含まれる、えん麦β-グルカンをはじめとする食物繊維は、胃の中で水分を吸って膨らみ、食事によって摂られた糖質や脂質の吸収をゆっくりとさせる働きがあります。

 

 

それにより、たくさんの健康効果を得ることができます。

 

 

まずは、血糖値の上昇を抑えられることです。

 

 

食事によって摂られた栄養素はブドウ糖となって血液中に入り込み全身を巡ります。

 

 

そのブドウ糖を細胞のひとつひとつに取り込んで、エネルギーとして利用させるのが、すい臓から分泌されるインスリンです。

 

 

加齢やストレスや不摂生などの要因によりインスリンの分泌量が減少すると、ブドウ糖の処理が上手く行われず、血中にブドウ糖が留まった状態になります。

 

 

そのような状態が続くと、糖尿病となるのです。

 

 

血糖値の高い状態が続くと、血管が傷み、動脈硬化や脳梗塞など、さまざまな合併症を引き起こします。

 

 

このようなリスクを下げるためにも、血糖値の上昇を抑えることは、とても重要なことなのです。

 

 

食物繊維には、余分なコレステロールを体外に排出する働きもあり、動脈硬化の原因になる脂質異常症を予防するのにも効果を発揮します。
もちろん、ダイエットにも効果的です。

 

 

この他、食物繊維により腸内環境が整うことで、おなかの調子が良くなったり、免疫力が高まるなど、たくさんの健康効果が期待できるのです。

 

>>えん麦のちから【最安値】公式通販ショップはこちらから<<