えん麦

エン麦の主な栄養分、βグルカンは、水に溶けると粘性を増して消化吸収を穏やかなに!

若いころはいくら食べても太らなかったのに、30代を過ぎたあたりから体重が気になり始めた・・

 

 

そんな方、男女ともに多いのではないでしょうか。

 

 

実は、体重が増える原因。それは基礎代謝の低下にあります。

 

 

10代のころの基礎代謝と比べると、30代はその半分、人によってはそれ以下にまで落ちてしまっているそうです。

 

 

えん麦のちからは、そんな太り気味が気になる身体をすっきりとサポートしてくれる食品です。

 

 

えん麦のちからの主成分、それは「えん麦」です。

 

 

えん麦なんてあまり聞きなれた名前ではありませんよね。

 

 

しかし、このえん麦。

 

 

今大変注目を浴びている新ダイエット成分でもあるのです。

 

 

えん麦を漢字表記すると「燕麦」となります。

 

 

名前に燕の文字が入っているのは、麦の形がつばめの形に似ているかただと言われています。

 

 

別名、オーツ麦ともよばれ、欧米ではグラノーラなどによく使用されている穀物です。

 

 

このえん麦。

 

 

ある研究結果の発表では、心疾患に対する機能食品としてAランクがついている非常に栄養価が高い穀物だそうです。

 

 

ここで、えん麦にはどういった効果があるのか、詳しくご説明しましょう。

 

美味しく続けることが出来て、1袋わずか158円のお手頃価格も魅力!

・玄米の9倍の食物繊維

 

 

なんと、えん麦のちから2袋で日本人が1日に必要な食物繊維の3分の1が賄えます。

 

食物繊維には、水溶性・不溶性の2種類がありますがこちらの食品は、この2つがバランスよく配合されているので、善玉菌を増やし、腸の活発化を促します。

 

 

・低GI食品である。

 

低GI食品とは、食後の血糖値が上昇するスピードが遅い食品の事を指します。

 

数値が低いほど、血糖値の上昇がしずらく、体の負担が少ない食品として認定されます。

 

えん麦は、GI値50とされている低GI食品の部類に入ります。

 

 

・腹持ちが良い、太りにくい栄養成分配合

 

えん麦の主な栄養成分は「ベータグルカン」です。

 

ベータグルカンは、キノコ類に多く含まれる成分で、がん予防の効果も期待されています。

 

さらに、水に溶けると膨張する性質があるので、お腹の中にはいると膨らみ、腹持ちがよくなり、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

 

 

・食べたい料理にプラスする手軽さ

 

えん麦のちからは粉末タイプの食品です。

 

特別な味もなく、香ばしい香りがするだけなので、食事を選ばず、なんにでもかけたり入れたりするだけで手軽に栄養価が高い食事をとることができます。

 

1袋44kcalという低カロリーなのも嬉しいですね。

 

 

今なら大変お得なモニター価格でお試しいただけます。

 

 

是非、この機会にえん麦のちからのすごさをご自身で実感されてください。

>>えん麦のちから【最安値】公式通販ショップはこちらから<<