えん麦のちから

話題の低GI食品「えん麦(ばく)」ってなんだ?

えん麦は別名をオーツ麦とも言い、欧米ではオートミールやグラノーラとして親しまれている食材です。

 

 

日本でも最近の健康ブームにのって「グラノーラ」という名称の入ったシリアルが大人気ですが、これにもえん麦が含まれています。

 

えん麦は米国食品医薬品局(FDA)において心疾患に関する栄養効果では最高のAランクを獲得したヘルシー食材です。

 

麦の名前通り穀物の一種ですが、玄米よりも低GI食品として注目されていて、糖尿病への罹患率が欧米よりも高いとされている日本でも大きな注目を集めています。

 

 

低GI食品とは?

 

健康食品の世界では大いに注目されいてる低GI食品ですが、そもそもGIとはなんのことなのでしょう?

 

 

これはGlycerin index(グリセリンインデックス)の略称で、食後の血糖値の上昇を表す指標として用いられています。

 

 

つまり、低GI食品とは食後の血糖値の上昇が緩やかなために高血糖症や糖尿病などの生活習慣病の予防と改善に効果が高い食品であることを意味しています。

 

「えん麦のちから」の3つのポイント

今回紹介したい「えん麦のちから」は名前からもわかるようにえん麦を主な食材とした健康食品です。この「えん麦のちから」には3つのオススメポイントがあるので説明していきましょう。

 

 

ポイント1:食物繊維が玄米の9倍!

 

日本では代表的な低GI食品である玄米ですが、その玄米と比較しても食物繊維の含有率はなんと9倍!

 

 

食物繊維は体内に吸収されない成分ですので、含有率が高いほど血糖値の上昇率を低く抑えることができ、便通を促し腸内環境を良好にしてくれます。

 

 

またえん麦には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合が1:2のベストバランス!

 

 

水溶性食物繊維は水に溶け、腸内で発酵し善玉菌を増やしてくれます。

 

 

また不溶性食物繊維は腸壁を刺激して活動を促し便秘解消に効果的な成分です。

 

 

ポイント2:太りにくい!その秘密はβ-グルカンを1000mgも含有しているから

 

えん麦の主成分であるβ-グルカンとは糖質の一種で水を含むと膨張します。

 

 

胃に入ったβ-グルカンは胃の中の水分を吸収して約8倍に膨張し、そのまま吸収されずに便として排泄されるので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。

 

 

また、膨張するときに余分な食物を一緒に絡めて排泄されるので食べ過ぎをなかったことにしてくれる成分としてダイエットフードなどにも応用されています。

 

 

そのβ-グルカンを一パウチあたり1000mgも含有!だから太りにくいんです。

 

 

ポイント3:使い方もとても簡単!だから毎日続けられます

 

押麦や玄米は調理にちょっとした手間がかかってしまいます。

 

 

でも、「えん麦のちから」なら使い方はとても簡単!食べたい料理に混ぜるだけでいつもの食事が手軽にダイエットヘルシーフードに早変わりします。

 

 

味にもクセがないので、あらゆる料理に混ぜていただくことが可能になります。

 

 

毎日続けることできになる血糖値の上昇を効果的に抑えてくれる「えん麦のちから」をぜひ健康づくりにお役立てください。

 

食欲をガマンしないでダイエットしたい方に!

日本には四季があって、一年中おいしい食べ物がありますよね。旬のものは旬の内に食すのが日本古来の楽しみ方でもありますよね。

 

 

そんな美味しい食べ物がなかなか止められないという方。

 

 

30代になって体重が増加気味…。

 

激しいダイエットはちょっと…。

 

カロリーとかを計算するのも面倒だし…。

 

 

そんな事を考えている方におススメしたいのが、穀物の力で健康的にダイエットできる「えん麦のちから」をご紹介します。

 

 

現在、各種メディアや雑誌などで紹介され、注目されている商品なのですが、この“えん麦”がポイントなのです。

 

 

えん麦(オーツ麦)は海外ではオートミールやグラノーラとして親しまれている穀物の一種です。

 

 

米国食品薬品局(FDA)では健康効果が認められた食品を化学的根拠のレベルに応じて、A〜Dまで分類しているのですが、この“えん麦”はなんと、Aランクの食品として認められているのです!

 

 

この健康食材ともいえるえん麦は水溶性と不溶性の食物繊維が1:2のベストバランスで配合されていて、水溶性の食物繊維が糞便のカサをふやし、腸の運動を活発にしてくれます。なので、お通じが良くなるのです!

 

血糖値上昇を緩やかにしてくれる低GI食品です。

そして、不溶性の食物繊維が、大腸内で発酵と分解される際に善玉菌を増やすので、腸内環境を整えてくれる作用があるのです。

 

これだけではなく、低GI食品に属するえん麦は食後の血糖値やインスリンの上昇抑制に効果があり、さらにβ‐グルカンがお腹の中で8倍に膨らみ、空腹感を避けてくれるだけではなく、食べ過ぎを防ぐ効果もあるとされています。

 

しかし、この「えん麦のちから」のみでは飲みにくいのではないか、と思ってしまいますよね?

 

 

実は、この商品、日本でいう、きなこの様な状態の粉末タイプ。

 

 

牛乳や豆乳に混ぜて飲んでもおいしいし、ほうじ茶やコーヒーにも入れて飲める万能なアイテムなのです!

 

 

味噌汁やコーンスープにも入れる事ができるので、アレンジ次第では色んな料理に活用する事が出来ますよ!

 

 

これだけおいしいのに、一袋ペットボトル飲料1本分と同じ程度。かなりのコスパですね。

 

 

現在は1週間のモニターも募集しているので、気になっているという方は是非、このチャンスを逃さずにお試しください。

 

 

日本にもゆかりのある麦の一種「えん麦」を使用したサプリメント「えん麦のちから」はあなたのダイエットを助けてくれる強い味方!

 

 

毎日の食事に、飲み物に、流行りのスムージーに入れて飲んでみてください。

 

えん麦のちからで手軽に美味しく食生活改善を

年齢を重ねた方の多くは、若い頃と同じ食生活では良くないと感じていることと思います。

 

 

しかし、食べる量を減らそうにも食欲を抑えるのは難しく、細かいカロリー計算は面倒なので、結局、同じ食生活を続けてしまっている方も珍しくないでしょう。

 

 

そんな方の食生活改善をサポートしてくれるのが、株式会社えんぱく生活から販売されているえん麦のちからという商品です。

 

 

この商品は、商品名称の通り、えん麦から作られています。

 

 

えん麦は、漢字では燕麦と表記されるツバメに似た形状をした麦です。

 

 

オーツ麦という名称の方が馴染みがある方もいらっしゃるでしょう。

 

 

えん麦は低GIの食品です。

 

 

そのため、摂取すると、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。

 

 

また、えん麦にたっぷりと含まれているβ-グルカンは、水分を吸収する力に優れています。

 

 

水に溶かすと8倍にまで膨らむのです。

 

 

ですから、少量を摂取しただけでもお腹の中で膨らむことで満腹感をもたらしてくれます。

いろいろな食べ物、飲みものとの相性もばっちりです。

そうして長時間お腹の中に留まるので、空腹感を感じて食事をたくさん食べてしまったり、間食をしてしまったりする可能性を低くすることができるでしょう。

 

 

それから、食物繊維は玄米の90倍も含まれていますので、食べたものがなかなかスッキリ排出できずに困っている方の便通を整えてくれる効果も期待できるのです。

 

 

色々と魅力がある商品であることは分かったけれど毎日摂取するのは大変そうだと心配になる方もいらっしゃることと思います。

 

 

ですが、ご安心ください。

 

 

えん麦のちからは、普段食べている食事にプラスするだけなので、とても手軽に摂取できます。

 

 

具体的には、いつも食べているトーストにパラパラとえん麦のちからの粉末をかけて食べるのもいいですし、味噌汁やスープなどの汁物や牛乳やコーヒーなどの飲料に混ぜて飲んでもいいのです。

 

 

ちなみに、そうやって混ぜても香ばしい麦の風味が加わるだけなので、大抵の食事や飲料の場合、味が落ちたと感じる心配はなく、むしろ美味しさがアップしたと感じられることも多いでしょう。

 

 

とは言え、自分の口に合うかどうかが分からないと利用し続ける自信が湧かない方もいらっしゃることと思います。

 

 

それならば、まずは、モニターに応募してみてはいかがでしょうか。

 

 

モニターになると、たった500円でえん麦のちからを1週間分もらうことができます。

 

 

そうして1週間じっくりと試してみて利用し続けられそうだと思ったら、通常の商品の購入を検討してみればいいのです。

 

>>えん麦のちから【最安値】公式通販ショップはこちらから<<